オーディオ買取・即日出張査定のオーディオの買取屋さん

オーディオ買取・即日出張査定のオーディオの買取屋さん

その他

JBL オーディオスピーカー 4312を徹底紹介!気になる音質や外見についても解説

JBLオーディオスピーカー4312は、JBLが誇るロングセラーシリーズの元祖として根強い人気を集める機種です。JBLのスピーカーにあこがれているものの、どのモデルが自分に合っているか迷っている方も多いでしょう。

 

JBL 4312はコンパクトなうえに幅広いジャンルと相性が良いため、多くの方におすすめできるモデルです。この記事では、JBL 4312の特徴や性能を紹介します。JBL4312に興味を持っている方はもちろん、買取先を探している方も参考にしてください。

 

JBL 4312とは?

形式 3ウェイ・3スピーカー・バスレフ方式・ブックシェルフ型
ユニット 低域用:30cmコーン型(2213H)

中域用:13cmコーン型(LE5-12)

高域用:3.6cmコーン型(LE25-2)

出力音圧レベル 91dB/W/m
再生周波数帯域 45Hz~15kHz ±3dB
クロスオーバー周波数 1.5kHz、6kHz
入力インピーダンス
許容入力 80W(連続プログラム)
外形寸法 幅362x高さ597x奥行302mm
重量 20kg

 

JBL 4312は1982年に発売されたオーディオスピーカーです。アメリカ西海岸の名門ブランドJBLが家庭向けプロダクトの開発にも力を入れ始めた時期に発売されたモデルであり、現在でもモデルチェンジを繰り返しながら販売されています。

 

JBL4310をルーツとしつつも、直接的にはホームユースを意識したモデルJBL4311Bの後継機として位置づけられます。そのため、一般家庭にも手を伸ばしやすい価格で販売されていました。

 

JBL 4312の特徴

JBL4312はプロフェッショナルオーディオの世界で人気を博していたJBLが、家庭での使用も意識して開発したプロダクトです。躍動感のある明るいサウンドと上質感のある外観が特徴です。

インテリアにも適したウォルナット仕上げ

JBLは見た目の上質感にもこだわっているブランドです。JBL 4312はウォルナット材を使用し、オイル仕上げが施されています重厚で気品のある佇まいは、インテリアとしても魅力的です。

 

また、コンパクトなサイズ感も見逃せません。大きさは幅362mm×高さ597mm×奥行302mmで、重量は20キロです。場所を取らず持ち運びにも比較的便利なため、様々な場所にセットできます。

 

注意すべき点としては、後継機の4312SX以降では塩ビ仕様に変更されていること。高級感を大事にしたい方は慎重にプロダクト選びをしてください。

 

3ウェイ採用による迫力あるサウンド

JBL 4312 はバスレフ方式3ウェイ・3スピーカーのブックシェルフ型スピーカーです。低域用には30cmコーン型(2213H)、中域用には13cmコーン型(LE5-12)、高域用には3.6cmコーン型(LE25-2)を導入しており、幅広い音域で迫力あるサウンドを鳴らせます。

 

また、中域用と高域用に実装されているレベルコントロールは、グリルを装備したままでも調整可能です。取り外しをしなくても良いのは嬉しいポイントです。

 

さらに、ユニットレイアウトに左右対称のミラー・イメージペア構成を導入しているのも強みです。音像定位に優れているため、くっきりとしたサウンドを楽しめます。

 

リブ付きのアルミ・ダイキャストフレームによりウーファー強度も確保

ウーファーの強度もJBL4312の特色です。ダイキャストフレームにアルミを採用し、さらにリブをつけています。本体の振動を抑えて十分な安定感を確保しているため、原音のニュアンスを損なわず再生できます。

 

なお、低域ユニットは低歪率なSFG磁気回路とランサプラスコーティングコーン紙を組み合わせた構成です。エンクロージャーにバスレフ方式を採用していることも相まって、存在感のある豊かな低音を生みだせます。

 

細部へのこだわりが創りだす良質な低音が、JBLの代名詞とも言うべきカラッとして躍動感のある音色を支えています。

 

熱暴走を防ぐボイスコイルの温度上昇抑制機能

ボイスコイルも特徴の1つです。ボイスコイルとはアンプから流れてきた音声信号を振動に変える重要なパーツです。JBLのボイスコイルには温度上昇抑制機能がついているため、長時間再生の際にも音質は安定しています。

 

また、JBL4312本体のヒートシンク性能も優秀です。スピーカー全体として放熱性能が優れた構造になっているため、熱暴走の起こりにくさがメリットです。

 

スピーカーは電力によってサウンドを出力する製品であり、そのほとんどは機械内部で熱になり、音になるのは一部です。熱によるパーツの劣化対策がしっかりしている点もJBL4312の魅力です。

 

JBL 4312の性能

JBL4312 の魅力は、骨太ながらも明るい音質とビンテージな高級感が漂う外観です。今なお続くJBL4312シリーズの元祖として、根強いファンが数多く存在します

 

JBL 4312の外見

JBL 4312を見たとき、多くの人の目を惹くのがスピーカーを覆うウォルナット材です。古来より高級木材として用いられていたウォルナット材は深みのある色合いを特徴としています。その美しさを引き立てるためにオイル仕上げを行い、高級感のある外観を演出しています。

 

また、左右対称のミラー・イメージペア構成を採用したユニットレイアウトも特徴です。均整の取れたフォルムが印象的で、コンパクトながらもJBLらしいオーセンティックな存在感がオーディオ愛好家の心を掴みます。

 

硬派ながらも気品を感じさせるシンプルなデザインは、書斎やリビングなど幅広い環境に馴染みます。オーディオ機器らしい重厚さを放ちつつ汎用性の高さも兼ね備えた、完成度の高いデザインです。

 

JBL 4312の音質 

JBLのスピーカーの特徴は、躍動感に富んで骨太ながらも明るい音質です。特にJBL4312はアナログ的な温かみと量感豊かな低音に定評があり、小型のブックシェルフ型とは思えないエネルギッシュさを評価する声が上がっています。

 

3ウェイの導入によって低音・中音・高音の全て音域をダイナミックに鳴らせるため、ワイドレンジで広がりのあるサウンドステージを構築可能です。ダイナミックながらも艶のある音色は様々なジャンルの音楽と相性が良く、JBLが持つ技術の高さを感じます。

 

また、各音域の引き渡しも素晴らしく、サウンドのなめらかさも特徴です。音の広がりも均一で、どの場所に立っていても優れた音質を楽しめます。放熱性能に優れているため、長時間再生した際の音質も安定しています。

 

JBL 4312の買取はオーディオの買取屋さんへ

本記事ではJBLのオーディオスピーカー4312の特徴と性能について紹介しました。JBL 4312はJBL屈指のロングセラーシリーズのオリジナルとして多くのオーディオ愛好家から愛されており、中古市場でも高い評価を得ています。

 

もし、JBL 4312の買取業者をお探しなら、オーディオの買取屋さんがおすすめです。オーディオに関する専門的知識を有したスタッフが市場価格を常にリサーチしているため、満足いただける買取価格を提示できます。

関連する記事

  • 【メディア掲載】マネーちゃんβ様に紹介されました!  ウェブメディア「マネーちゃ...

    詳細はこちら

  • 【メディア掲載】工具男子様に紹介されました!  ウェブメディア詳細はこちら

  • 番組提供のお知らせ。  いつもオーディオの買取屋さんをご愛顧いただきありがとうご...

    詳細はこちら

  • 出張可能エリア大幅拡大のお知らせ【九州・四国】  

    全...

    詳細はこちら

即日買取お電話から最短30分で買取にお伺いさせていただきます!電話受付10:00~22:00(年中無休)0120-789-986

オーディオ機器の買取実績価格

  • Dan D’Agostino プリアンプ MOMENTUM

    買取価格 ¥1,700,000

    詳細はこちら

  • McIntosh 真空管アンプ MC275

    買取価格 ¥280,000

    詳細はこちら

  • Akai オープンリールデッキ GX-747

    買取価格 ¥150,000

    詳細はこちら

  • Micro レコードプレーヤー DD-8

    買取価格 ¥45,000

    詳細はこちら

  • Denon CDプレーヤー DCD-1650AE

    買取価格 ¥20,000

    詳細はこちら

  • B&W スピーカー 805 D3

    買取価格 ¥420,000

    詳細はこちら

LINE@はじめました
ページトップへ
0120-789-986